泥棒による被害が増えるのが2月くらいの時期だそうです。
この季節は窃盗犯材が増えます。
窃盗といっても何も空き巣ばかりではありません。その他、ひったくり、強盗も含まれます。

普段生活しているなかで、どの時期に窃盗被害が多くなるか、といったことは気にしていないと思います。
しかし、ちょっとそういったことに目を向けるだけでも犯罪を防ぐ意識が高まると思います。

例えば、連休中も空き巣の被害が多くなるそうです。連休中は家族揃って旅行にいったり行楽をする家庭が多いからです。家を開けているため、侵入される隙が多くなります。

こういうことを知っておくと、戸締まりを気をつけよう!という意識が強くなります。

また、ひったくりなどの犯罪も心がけ一つで被害にあいにくくなります。
車道からできるだけ離れて歩くようにしたり、バッグは車道側ではないほうの手で持つようにしたり。
夜道は携帯を見ながら歩かないで周囲に気をつけるよ言うにしましょう。
もし後ろをつけてくる人がいたら十分警戒してください。
ひったくりにあってしまうとかばんをまるごと盗まれることになるので財布の中身や鍵束まるごと盗まれます。
個人情報も犯人の手にわたってしまうのでもしかしたらその鍵を使って自宅に侵入されてしまうかもしれません。

 

◯おすすめサイト◯

鍵開けや鍵交換、紛失した鍵の作成などに対応する鍵屋さん